スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます!

いつもどおり、、31日の朝早く家を出発して、お墓参りを済ませ、義兄の家で甥と姪の家族も一緒におしゃべりをして、夕飯までに実家に行き、母と妹が作ったおせちを頂きました ラクチン

IMG_20161231_235107_693r.jpg

新年を実家で迎え、みんなで近くの神社へ初詣
いつもより遅くなってしまったら、1時間くらい並びました。暖かい日だったので、苦にもならず、おしゃべりしながら待ちました
おみくじをひくと「小吉」…今年は自分から事を起こすより、人の後をついて行った方がいいようです ラジャ

IMG_20170101_145506_683r.jpg

お正月の花びら餅をお抹茶と共に頂きました オイシイ

IMG_20170101_150724_799r.jpg

2日の朝早く、実家を出発

朝焼け

IMG_20170102_092434_842r.jpg

日の出

IMG_20170102_092922_278r.jpg

NEOPASA清水で朝食を食べて

IMG_20170102_094915_124r.jpg

すばらしい富士山を見ながら

IMG_20170102_143131_148r.jpg

IMG_20170102_144033_230r.jpg

渋滞に遭いながらも無事帰宅しました

今回、長女と次女はそれぞれ予定があって帰省できず、おいしいものを食べていないようだったので、夕飯はみんなで焼肉に行きました

1483354927611r.jpg


インスタ用の写真をそのままアップ…大きさバラバラの写真で、今年初めからいい加減だなぁ

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします ペコリ

スポンサーサイト

実家にて…その2

さて、実家で過ごすのも4日目 毎日、遊び歩いています

11/9(水)
小学1年生の時からの友人がご主人とやっているフレンチレストラン"La Mirabelle"でランチしました
あの友人も一緒です。妹の車を借りて、可児まで私の運転で出かけました
以前のお店には、まだ娘たちが小学生?くらいの時にお邪魔したけれど、こちらのお店は初めてです

かわいい看板の奥はブライダルの会場…ブライダルまで手掛けていてすごいなぁ…。
レストランはこの看板の右に入口があって、友人が出迎えてくれました
大きな掃き出し窓や高い位置にある窓からの光の取り入れ方がステキで、暖色系でまとめられた店内は優しく暖かい感じがしました

IMG_20161124_175908.jpg

どのお料理もおしゃれでかわいくておいしくて…つい写真撮るのを忘れて、食べかけ写真もあります

IMG_20161124_175550.jpg

私たちの食事が終わった頃、友人も席に来てくれて、一緒におしゃべりしました
今まで会えなかった時間を一気に取り戻して、まだまだ話したいことはいっぱいあったけど、お邪魔にならないように帰りました
長女ちゃんのところに行く時は、必ず連絡してね

11/10(木)
いろいろ、片付けをしました

11/11(金)
せっかくの友人との旅…新幹線の時間を遅らせて、芳光のわらび餅を買いに行き、あつた蓬莱軒でひつまぶしを食べることにしました
芳光には妹が車で連れて行ってくれて、近くの駅まで送ってくれました
そこから名城線で伝馬町まで…うわっ!山手線みたいになってるー

蓬莱軒に着くと、たくさんの人がいました 駐車場には観光バス。名前を言うと30分待ちだったので、熱田神宮までちょっと散歩することにしました
七五三のお参りで来ている家族連れがいて、とってもかわいかったです
実は私はここで結婚式を挙げたのですが、それ以来、お参りに行っていないんです。今日も時間がなかったので、一番手前のここだけお参りして戻りましたが、次回はゆっくりお参りに行きたいと思います…ごめんなさい

IMG_20161127_164613.jpg

いよいよ、あつた蓬莱軒
SMAPがナゴヤドームでライブの時はここのひつまぶしを食べていると…今年の1月、5人前の大きなひつまぶしと蓬莱軒の女将さんが「もう出前できないなんて」と言っていた映像を思い出しました
ひつまぶし、おいしかったです…でも、量が多いので、もう少し少な目にして、料金も少な目にしてもらえるとうれしいなぁ

IMG_20161127_164401.jpg

楽しい一週間でした  おわり。

実家にて…いろいろ

一か月近くぶりの投稿になります

11月5日から一週間、実家で過ごしました
遊び過ぎたのか?風邪をひき、自宅に戻ってからグズグズと過ごし、11月はあっという間に半分以上が過ぎました

久しぶりにPCを開けると、使えるようになるまでに20分
Windows10にしてからどうも動きが鈍かったけれど、ここまでではなかったのに
北海道旅行で画像が一気に増えたことも関係するかな…もともと、画像の整理しなくちゃと思っていたくらい入っていたし

最近はインスタの手軽さに慣れてしまってインスタ中心になっているけど、ブログの方にも備忘録として残しておかなくちゃ


11/5(土) 中学からの友人と新幹線で、お互いの実家を目指しました
私たちは歩いて15分くらいのところに実家があるので、ほとんど同じホテルに泊まっているのと同じだねって
こうして二人で旅行?するのは、結婚後初めて
駅からは二人で歩きました中学、高校時代みたい…。
途中アーケード街を通りますが、あの頃みたいな活気はありません
それでも、よく寄った本屋さんは、まだありました。いつも入口の会計のところにいたおじさんは、もういなかったけれど
仲よしだったお友達の実家の電気屋さん…今はお兄さんがやっているらしい。
向かいの喫茶店でひと休み
『サウサリート』…紅茶や中国茶の茶葉が入った缶がいっぱいありました。瀬戸物の街らしく、花器やシュガーポット、壁掛けなどの焼物がステキでした
オーダーしたライチ茶には、かりんとうのような中国のお菓子?のおまけ付き

IMG_20161124_172705.jpg

6(日)
高校の学年同窓会
友人と駅で待ち合わせて、毎日一緒に通った電車で、名古屋まで行きました
関東で過ごす方が長くなったので、名古屋駅でもウロウロしてしまいます。集合のホテルがわからず、案内所で行き方を聞いてしまいました
同窓会は3回目にして、やっと参加することができました
体型とか変わった子もいるけれど、やっぱりみんな面影があります
「わー」とか「きゃー」とか、賑やかなホテルの宴会場
友人はI 組、私はA組…クラスごとの席に分かれて、クラスメートとワイワイ思い出話に花が咲いた
デザートは急いで取らないとなくなるよーと、毎回参加の友達に教えられ、A組のテーブルには一番早く一番たくさんデザートがのっていたような気がします

IMG_20161124_173251.jpg

7(月)
9月に亡くなったいとこのご主人のお参りに行きました
彼は、私の1歳上だけ…本当に早すぎます…どんな話をすればいいんだろう。
結局、たわいもないこと話して、いとこも同じくらいの歳の娘二人だから、気になる結婚のこととか…
叔父様も途中から一緒に、私たちが小さかった頃の話とか…
一昨年、叔母様が亡くなって、今年ご主人で…長女ちゃんは仕事で東京にいるし、
いつも人が集まって賑やかなお家だったのに、とっても静かで、それが何だかつらかったです

その後、用があって同窓会に参加できなかったお友達と会うことができましたこのお友達も毎日一緒に通った仲間です。なので…あの友人も一緒です
このお友達とは結婚式以来でもずっと会ってたみたいに…1時間くらいしか時間がなかったのに、ほとんど私が帰省中に起こった事件の話で終わっちゃったけど…ごめんね~楽しい時間を過ごしました

8(火)
実家の菩提寺『宝泉寺』で、お薬師さん(あめんぼまつり)
小学校の頃はお友達とおこずかいを持って出かけて、りんごあめとかみかんあめを買って食べるのが楽しみでした
お昼過ぎから雨が降ってきてしまったけど、友人と、お参りをして、屋台を見て回りました。
以前は、お寺の前の坂道の下までずっと屋台が続いていたのに、最近はお寺の周りだけだそうで、寂しくなりました
大好きなきなこ飴やげんこつ飴を買いました。
みかんあめのお店はありませんでした。その代り?ぶどうあめ…竹串に粒の大きさによって3コ、4コ、5コのぶどうがみたらしだんごのようになっていて、飴に包まれていました。友人と1本ずつ買って、雨が降っていたので、お互い家に持ち帰りました。意外とおいしかったです

IMG_20161124_174219.jpg

つづく…

秋の味覚

IMG_20160924_165115.jpg

食料品売り場に行ったら、りんご、梨、ぶどう、柿、洋梨、みかん…秋のフルーツがいっぱい

うれしくなって、ついあれもこれも手に取って…ショッピングカートのカゴがいっぱいになった

今日のおやつは"シャインマスカット"…黄緑色がキラキラしていて宝石みたい

甘くておいしー

皮ごと食べられるけど、種があるので、気をつけないとガジッ

でも…撮り溜めたTV番組を見ながら、あっという間に半分食べちゃった

いけないっ…残してあげなくちゃ

ひとりごと

一昨日の午後、新幹線で名古屋に向かった

ウキウキするお出かけではなかった…気づくと溜息をついていた

いとこのご主人が亡くなった

母の実家…家も近く、歳も一つ違いで、一番仲よしのいとこに、かける言葉が見つからない

お腹が痛いと病院に行って即入院…1か月半でお別れすることになったと

家族だけの時間を大切にしたかったのだろう…入院したことは親戚にも知らされなかった

ずっと続いていくと思っていた日々に期限がついた時、どんな思いで毎日を過ごしたのだろう…。

いとこは、一昨年12月に母親も亡くしている。社会人の娘が二人。90歳近い父親…不安でいっぱいだろう

告別式当日は、台風

まだまだ、やりたいことがいっぱい、娘たちの将来、見たいものもいっぱい…ご主人の無念の涙なんだろう

火葬場で待つ間、窓の外の狂ったように降る雨を見ながら、その想いの強さを感じてまた涙がこぼれた


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。