スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『64ロクヨン後編』

ebc6df86755ddb92.jpg

原作と映画はラストが違うらしいです。私は未読です

夫と観たので、終わってすぐ「犯人の声、わかると思う?」と聞いてみました。ウチにも娘が二人います。「わかるかもしれないな」と、ぼそっと答えました。

娘を殺されてしまった雨宮役の永瀬正敏の演技は、前編後編を通して本当にすばらしかったです
泣きました 号泣ではなく、ツツと頬を伝う涙。切なくてやり切れなくて…。
娘を思う気持ちの深さ、犯人割り出しのため電話をかけ続ける執念。
そして幸田メモを残して退職した幸田(吉岡秀隆)も警察の隠蔽体質の被害者。犯人に雨宮と同じ思いをさせる計画を実行する。
64にとり残された人たちの14年間の思いが、事件解決へつないでいきました。

刑事部、広報部、新聞記者、そして誘拐事件に関わった人たち…それぞれの立場があって、だから、いろいろな対立が起こります
ずっと組織と人間が葛藤する姿が描かれていましたが、三上は目崎(緒形直人)に対して、自分の立場を捨てて問題を解決しようとし、河原でのシーンは父親でした。

そして、秋川(瑛太)もまた、記者である前に人間であることを選びました
犯人逮捕までの成り行きを唯一見ていた秋川が書いた記事は「警官の暴行」 本来なら「ロクヨン犯人逮捕」のはず。
それに対して「秋川、お前は記者として全うした。それでいい」三上にそう言われた秋川の嬉しさを隠すような顔に、心が通い合う瞬間が見えて好きなシーンです

14年間引き籠りを続けていた日吉(窪田正孝)も、部屋から出てきます。
雨宮は、娘が書いた家族の似顔絵を燃やすことで過去と訣別します。
そして三上家の電話が鳴りました。
父の記事を見て心配したのでしょうか…明るい兆し?
…というエンディングも好きです

組織も家庭も、バランスを崩してしまうと取り返しのつかないことになります。もちろん、人の心も…です。
でも、取り戻すこともできる

松岡参事官役の三浦友和の存在感!やっぱりステキ私が一番最初に好きになった俳優さんが彼…まだ小学生、低学年だったけど

これだけのキャスト…やっぱり見応えありました

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深いねぇ🎵

ぴぃちゃん、深く感じとってますねぇ。どの立場の人も、一生懸命生きてきた、今からも❗誰も悪くはない…いや、始めの犯人は悪いな😃それぞれに、本気で、それぞれの人生があるのだと、痛感❗

私もだんなと、観に行ったよ🎵だんなは、前編を同じ日に、一人で観たから、4時間以上、映画観たね🎵
その間、私はマッサージへ❗

Re: 深いねぇ🎵

返信遅くなってごめんなさい。未だにパソコンでブログ見ているので…
なかなかスマホに慣れない私です(-_-;)
たくごんさんもご主人と観劇されたんですね(*^_^*)
ご主人、全編通しで…お疲れ様でした。
でも、"おあずけ状態"にならないから、わかりやすいですよね~
後編はがっかり…という感想もあったみたいですけど、
私はいろいろ考えさせられた映画でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。