スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新盆とサマーコンサート

30日から3日まで実家で過ごしました

1日は、父の新盆の施食会が実家の菩提寺であったため、母、妹と一緒に出かけました。
夏らしい青い空 父が亡くなった日も残暑厳しい晴れの日でした。

1467342940025.jpg

たくさんの人が集まっていて、順番に名前を呼ばれ、お経をあげて頂きます。
曹洞宗のお経はにぎやかです。早口言葉のようなお経…急いでいるのかな?
鐘やシンバルのようなもの、音木という拍子木などの鳴り物を鳴らして、6人のお坊さまがイス取りゲームのように、イスのまわりをぐるぐる歩き回る
あっという間に私たちの番は終わり
お経は続いたまま、次の人の番になりました。
慌ただしかったけれど、母は無事終えられてほっとしたようです。

宝泉寺の山門は、全国でも珍しい上下二層構造の「竜宮造」で貴重な建造物だそうです。
人が多かったので、写真は撮りませんでした…次回に

2日は、妹に付き合ってもらって、大学の時所属していたオーケストラのサマーコンサートに出かけました
大学の敷地内にある記念講堂であったので、卒業以来の母校でした。
駅も大学もずい分変わっていました。そりゃそうですよね~〇十年経ったのですから

DSC_0116.jpg

約1,700 人を収容できる大ホールは、両サイドのステンドグラスがステキでした
正面には小ぶりのパイプオルガンもありました。

小学生くらいの子が多かったのは、第1部が子供向けになっているので、近所の小学生に声をかけたのでしょう…。
私たちの頃も、部員不足が悩みのタネでしたが、さらにひどい状態で、まったくいない楽器もありました
他大のエキストラで何とか形になっている状態です。
お世辞にもうまいとは言えない演奏でしたが、彼女たちを見ていて○十年前にタイムスリップしました

母とゆっくりおしゃべりして、久しぶりに母の手料理を食べて、甘えて来ました



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。