スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『置かれた場所で咲きなさい』 渡辺和子

9784344021747.jpg

昨年秋『金スマスペシャル』に、ノートルダム清心女子大学の理事長、渡辺和子さんが出演しました。そして渡辺さんが書かれた本『置かれた場所で咲きなさい』が紹介されました
この本は2012年の発売以降、80週連続ベストテン入り、170万部の大ベストセラーだそうです

私は雑誌やTVなどで気になった本はメモしておきます…最近、図書館で見つけて読んだ本です

「置かれた場所で咲きなさい」…これは渡辺さん自身が救われた言葉だそうです
36歳で渡辺さんがノートルダム清心女子大学の学長になった時、初めての場所で過ごすことの不安や、学長という風当たりの強い立場から逃れようと考えました。
そんな時、神父から渡された詩

「置かれた所で咲きなさい。
置かれた環境で咲くという事は、
仕方がないとあきらめることではない。
自分が笑顔で幸せに生き
周囲の人を幸せにすることによって
神があなたをここに植えたことが
間違えではなかったと証明するのです。」


~人間として生まれたからには、
どんなところに置かれても、
そこで環境の主人となり
自分の花を咲かせようと、
決心することができました。
それは「私が変わる」ことによってのみ可能でした。

~結婚しても、就職しても、子育てをしても、
「こんなはずじゃなかった」と思うことが、
次から次に出てきます。
そんな時にも、その状況の中で
「咲く」努力をしてほしいのです。

『置かれた場所で咲きなさい』より引用

昨日、中居クンが司会をした『音楽の日』を観ました
私にとってSMAPが出ていないことは、とっても寂しく、悲しく、残念なことでした
そんな時、この本のこの言葉をSMAPに贈りたいなと思いました

~どうしても咲けない時もあります。
雨風が強い時、日照り続きで咲けない日。
そんな時には
無理に咲かなくてもいい。

~その代りに、根を下へ下へと降ろして、
根を張るのです。
次に咲く花が、より大きく、
美しいものとなるために。

「どんなところに置かれても花を咲かせる心を持ち続けて

キリスト教徒である渡辺さんが書かれているので、宗教色も感じられますが…この他にもたくさん、心に響く言葉が詰まっている本でした
心が癒され、心に少しゆとりができたような気がします

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。