スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『恋する日本語』 小山薫堂

9784344412897.jpg

日本語とは恋するために生まれた言語なんだって

"涵養(かんよう)"には
一度に持ちきれないほどの花束をくれる人よりも、一本の花を毎日くれる人のほうがいい。恋は積み重ねたほうが頑丈だから。のショートストーリー

育てる恋かぁ…遠い目

この歳になっても、知らない日本語がいっぱい

一度さっと読んだだけでは、なかなか覚えられそうにないので、時々また読んでみたいと思う。

小山さんも「何度も繰り返し咀嚼することで、確実に味は良くなっていくはず」と書かれている…。

四季の豊かな日本だからこそ…の美しい言葉もたくさん

やっぱり日本語っていい


日が傾いてベランダに干した洗濯物を取り込みに行って…思わず写メした空

2016021617030000.jpg

雲のオレンジ色がキレイだった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。