スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『報国寺』と『浄妙寺』

鎌倉駅東口から京浜急行バスで10分くらい?浄明寺バス停で降ります

車道を渡って緩やかな坂を上がると、報国寺山門が見えてきます。

P1080036r.jpg

参道を歩き、右の階段を上がると本堂です。
階段を上がらず参道をそのまま進むこともできます。

P1080040r.jpg

報国時は「竹寺」とも言われていて、本堂左に行くと「竹の庭」に通じています。

P1080048r.jpg

報国寺茅葺の鐘楼
大正時代の関東大震災までは本堂も茅葺だったそうです。

P1080100r.jpg

「竹の庭」に入る受付で、拝観料200円を払います。

P1080050r.jpg

約2000本の孟宗竹

P1080052r.jpg

P1080054r.jpg

P1080059r.jpg

P1080065r.jpg

P1080067r.jpg

竹の庭に入ると、今までとはまったく違う空間になりました。
見上げると、空に向かってまっすぐに伸びた竹が、私たちを包み込んでくれています。

竹の庭の奥に、足利一族の墓(やぐら)があります。
やぐらは、平地の少なかった鎌倉地方特有の岩肌をくりぬいて造られています。

P1080071r.jpg

枯山水のお庭もありました。

P1080085r.jpg

P1080087r.jpg

P1080098r.jpg

淀んだ心が清められた気がします。

せっかくここまで来たのだから、浄妙寺にも行ってみることにしました

バス通りに戻り…途中にある団子屋さん

P1080108r.jpg

かわいいニャンコ…カメラ向けたら、そっぽ向いた

P1080110r.jpg

車道を渡り、住宅地を奥へ少し歩くと浄妙寺山門です。

山門くぐると左に拝観受付があります。拝観料100円です。

P1080114r.jpg

P1080116r.jpg

P1080120r.jpg

本堂の左に、茶堂『喜泉庵』があります。
枯山水の庭園を眺めながら抹茶を頂けるようですが、境内奥の『石窯ガーデンテラス』を目指します。石窯で焼くパンを提供するカフェ&レストランが、お寺の境内にあるんです。
案内看板にしたがって

P1080123r.jpg

結構急な坂を上って行くと洋館が見えました。築90年の洋館を改装して完成したレストランだそうです。

P1080130r.jpg

洋館手前にかわいい小屋があり、焼きたてパンやドリンクを販売しているようですが、もう遅い時間だったので、パンは中にありました。

P1080139.jpg

P1080141.jpg

テディベアがいっぱい飾ってありました
シュタイフ製?

P1080145r.jpg

P1080146r.jpg

P1080147r.jpg

ここで休憩することにして、ケーキセットを食べました

パンを焼く石窯

P1080149r.jpg

暖炉もありました

P1080150r.jpg

オレンジ、グレープフルーツ、きんかん…柑橘類がのったケーキと、ハーブティ

P1080152.jpg


イングリッシュガーデンは寂しい感じだったので、お花がたくさん咲く頃にまた来られるといいなと思いました

P1080157r.jpg

鎌倉駅に戻り、東口のロータリーにある豊島屋扉店で、もうあまり残っていなかったけれど、扉特製キューブあんぱんとスコーンを買いました。

鎌倉散策で購入したパン
もっといっぱい買いたかったけど、おいしく食べられる分だけ…
どれもおいしかったよ

2016030507150000.jpg

湘南に住む友人に行きたいところリストを送ると、このように楽しい一日をプランニングしてくれます。
いつもいつもありがとう またリスト送るので、よろしくお願いします

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和と洋

 本当に素敵なコースですね🎵行きたい場所のみを選び、無駄のない一日。信頼している、地元の友達ならではの選択ですね✨

 心静まるお寺、特に竹林の見事なこと❗その後は、香ばしい香りに包まれるパン屋さんの美味しそうなパン❗どこのお店で、どのパン買ってよいか迷うほどの、パン屋巡り☺
 ぴぃちゃんの好きなショットを次々見られ、とっても暖かい気持ちになったわ。そのうち、お花見行きましょうね☀

No title

♪たくごんさん
いつも楽しいプランを立ててもらっています(*^_^*)
私はスマオフ会でも連れていってもらうばかりですが…。
報国寺の竹林はずっと行きたいと思っていたんです!
本当にステキでした。
お花見、今年も楽しみです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。