スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"SNOOPY MUSEUM TOKYO"

4月23日に六本木に開館した『SNOOPY MUSEUM TOKYO』…開催期間は約2年半とのことで、行ってきました
オープン記念展は『愛しのピーナッツ』
当日券は、前売券の販売状況に余裕がある場合にミュージアムの窓口にて販売します。とのことなので、事前にローソンチケットで買っておきました一般\1,800(当日券は\200プラス)
前売り券は日時予約制。10:00/12:00/14:00/16:00/18:00 ジブリと同じです。

P1100542r.jpg

P1100545r.jpg

駐車場はありませんが、駐輪場はあるようです。

P1100541.jpg

私たちは14:00のチケットを買ったのですが、「入るまでにすごく並ぶ」と行った人のブログなどで読んだので、30分前くらいに着くように行ったところ、すぐに入れましたGW明けで落ち着いたのかな?

ここでローソンのチケットを見せると、入館当日と同じ日付に掲載されたピーナッツの四コマ漫画のチケットがもらえます
コレお誕生日に行くといいんじゃない~なんてお友達と話しました。

P1100615.jpg

私はシュローダーが大好きなのでシュローダーの方をもらいました
彼はベートーベンをこよなく愛し、おもちゃのピアノを上手に弾くピアニストです。

P1100603.jpg

こちらへどうぞ…と通された初めてのお部屋には、チャリーブラウンとスヌーピーの壁画…モザイクアートがありました
実はコレ、たくさんの「ピーナッツ」のコミックで作られていて、3Dになっています。

P1100548r.jpg

そして、原作者チャールズ・M・シュルツさんの写真や、ピーナッツの歴史などがササッと紹介されています

P1100552r.jpg

これがスヌーピーのモデルとなった犬

P1100551r.jpg

次のシアタールームには順番に通されますが、全然待たずに入れましたスヌーピー大好き有名人のコメント映像などでした。

映像が終わると、原画のコーナーに通されます…ここからは自由に

外に5体のスヌーピー像がいましたが、スヌーピーって時代によって変わっています
私たちの青春時代は、ちょうどまん中のスヌーピーです。

スヌーピーミュージアムは、シュルツさんがアメリカに作った「シュルツ美術館」の世界初の分館とのことで、ここに置いてある原画も、シュルツ美術館から持ってきた本物とのこと。すごい
だから展示物も少なめで4期くらいに分けているのかな?

その後は、展示のコーナーで撮影OKになります
見せ方がステキでした

壁のあちこちにかわいい絵がありました。

P1100562.jpg

P1100575.jpg

P1100574.jpg

P1100577.jpg

スヌーピーがミッキーになっちゃった

P1100580.jpg

P1100582.jpg

スヌーピーの本を翻訳している詩人の谷川俊太郎さん

P1100568.jpg

これ、読んだ…

P1100564.jpg

このウッドストック持ってたって言ったら、お友達も持ってたって

P1100560.jpg

中高生の頃、学生かばんのサブバッグとして持っていたスヌーピーの横長布製バッグが展示されていて、とても懐かしかったです。

P1100569.jpg

そしてグッズコーナー”BROWN’S STORE”

P1100591.jpg

ココに入ってしまうと、もう戻ることはできません。
グッズの中で、すでに売り切れのものが多々あるようでした。
再入荷と書いてあるものもありました。
私はずい分迷ったけど…ファイヤーキングとのコラボ商品のカップを買っちゃった

P1100588.jpg

次女には大好きなクッキーを…お友達はかわいくて食べられないって言ってました。確かに~でも食べちゃう

P1100593.jpg

ゴミ箱もかわいい

P1100614.jpg

そして最後にカフェ…”Cafe Blanket”
混雑時は抽選になると、これも行った人のブログで情報収集していたので、どうなるかな~と思っていたのですが、30分くらいだったかな?並んで入れました。
まず、カウンターで注文して、そのレシートを見せると、店員さんが席まで案内してくれる方式でした。
アイボリーと茶色のカントリー調のかわいいカフェでした

P1100610.jpg

P1100608.jpg

P1100612.jpg

ここまでスムーズで、「入れてよかったね~」と喜んでいたのですが…

運ばれてきた"マイ・スィート・バブー"のクリームが溶けてしまっていて一瞬言おうか迷ったのですが…そのまま受け取ってしまい…もう一度店員さんを呼んで変えてもらうのもなぁ…で、頂きました。
コレ持ってくるって…その時点で気づきますよね~ガッカリでした

P1100605.jpg

なんだか、また残念なコトになってしまい…今日は食べることにツイてない日でした

でも、お友達といっぱい話して、スヌーピーに癒され、手抜き夕飯のメンチカツと牛タンコロッケがとってもおいしかったので、終わりよければすべて良しと、します

やっぱりお肉のスギモトはおいしい牛タンのしっかりした歯ごたえとおいしさと、それからジャガイモが甘くて、ほくほくしてて…松阪牛入りのメンチカツは、柔らかジューシーで、ソースやケチャップなしで食べられるおいしさ

六本木らしいちょっとだけ贅沢気分?の惣菜で満足じゃ~ってそれほどのお値段でもないかっ
名古屋の老舗のお肉屋さんだし…。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。