スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『関ジャム 完全燃SHOW』 5/22放送

ゲストと関ジャニ∞バンドのコラボが楽しみで、毎回録画して見逃さないようにしている番組の一つです
この日のゲストは、StarSの3人(井上芳雄・山崎育三郎・浦井健治)でした。

2016053012240000.jpg

StarSは、帝劇100周年記念(2011年)の時に井上クンが誰と対談したいかと聞かれて、健治クンと育三郎クンの名前をあげ、3人並んでみるとバランスいいなと…そんなきっかけからできたグル―プだそうです。
育三郎クンファンの私は、先週の予告を見て今日の放送がとっても楽しみでした

この日のテーマは“これを聴けばミュージカルが見たくなる!”
ミュージカルのちょっと異常なスケジュール、ダブルキャストの真実、テレビドラマとミュージカルの演じ方の違い…などなど話してくれたけれど、さすがプリンス井上芳雄は言いたい放題でした
「Wキャストとか、絶対友達にはなれないですね~」とか「評判のいい舞台とかは見に行きませんね」…という井上クンの言葉に、大倉クンが「陰湿…」ってつぶやいたり、
「育三郎と(モーツァルトの)Wキャストのときはバチバチでしたよ!」って言われて、育三郎くんが「本当に言ってる?」って…かわいかったり

2016053013230000.jpg

職業病だと思うことは…の質問では、育三郎クンが「人の声が気になってしまう。この声だとこの役がハマるな。とか、ドラマで一緒の竹野内豊さんの声は、ドシラのラの音。この音でずっとしゃべるので、あのステキな声。」

ミュージカル公演中は、声を出さない。歌を聞かない。TVも見ない…そうです。これらみんな声によくないのだそうです。
公演が終わったら、何がしたいかの質問には3人とも、ビールが飲みたい。明日を考えないで行動できる…と。
体を維持することだけでも大変です

3人の個性はバラバラ…それがとってもよくて、関ジャニメンバーともうまく絡んで、とっても楽しい雰囲気でした

やっぱりグループって様々な個性が集まってた方がいいよね~SMAPだって本当にいいグループだもの ぼそっ

ミュージカルの名シーンもちょこっと演じてくれました
井上クンと健治クンが濃厚なキスまで見せてくれたり、育三郎クンは見守る演技

2016053012330000.jpg

その育三郎クンは、森三中の黒沢さんを愛の歌で落とす

2016053012290000.jpg

黒沢さんの即興の歌がうまくて、育三郎クンもビックリ

ジャムセッションは…レ・ミゼラブルより『民衆の歌』
StarSの3人と丸山クンの4人が歌、大倉クンのドラム、安田クンのギター、横山クンのティンパニー。
バンドアレンジの『民衆の歌』も、なかなかおもしろかったです。

2016053012340000.jpg

2016053012390000.jpg

今日の関ジャムは永久保存版ですっ
丸山クンは歌い終わって、緊張のあまり、崩れ落ちてました。
人気のミュージカルスターたちと一緒に歌ったんだものね~お疲れ様でした

…育三郎クンの3年後まで決まっているという舞台が気になります

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。