スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迎賓館 赤坂離宮

今年4月から、国外からのお客様をお迎えするのに支障のない範囲で、迎賓館赤坂離宮の通年公開が開始されました
今までは期間が短く、抽選の倍率も高くてなかなか当たらなかったようなので、申し込みするのも躊躇していましたが、これは行かなくちゃ…と機会をうかがっていました

見学コースは、前庭、本館及び主庭、和風別館の3つに分かれています
このうち、前庭は期間中なら整理券なしですぐに入れますが、和風別館は事前に申し込み必須(先着順)です。
そして本館と主庭は、事前申し込み以外に当日の配布の整理券もあるとのこと。
8時からの配布のようですが、私たちは別の用で近くまで行くので、貰えたらいいね…くらいな感じで、10時半に四ツ谷駅で待ち合わせました。
おしゃべりしながら10分くらい歩くと、ヴェルサイユ宮殿を思わせるような門が見えてきます

P1100834r.jpg

迎賓館の正門の向かって右側で整理券が配られていて、12時からのものが貰えました

P1100838.jpg

四ツ谷駅前の”PAUL”に戻り、早めのランチをすることにしました
ぎりぎりな時間だったけど、モーニングでもいいと言われたので、モーニングのプチパンセット。飲み物はオレンジジュース。
PAULのパンも大好きです

P1100837.jpg

ゆっくり腹ごしらえをして、迎賓館に戻りました。

本館見学者は西門から入ります
荷物検査の列の最後尾に並び、10分くらいかかったかな?X線による手荷物チェックと金属探知ゲートでのチェック…空港のようでした 蓋の開いたペットボトルや水筒は、その場で飲んでみるように言われていました。
そして、券売機で入場チケットを買います。見学料1000円です。
右手にはパンフレット、ポストカード等の販売所がありました。

本館の西の通用口から、いよいよ内部に入ります。
館内は撮影禁止です
「壁などには触らないでください!」と注意され、あちこちに警備員が配置されています。

まっしろな壁、金メッキが施された扉や窓の金具はピカピカに磨き上げられています。
観光名所ヴェルサイユ宮殿と比べること自体間違っていると思いますが、管理が行き届いていました。

彩鸞の間、花鳥の間、朝日の間、羽衣の間と順に見学しました
彩鸞(さいらん)の間は、条約や協定の調印式やTVのインタビューなどに使われる部屋。
花鳥の間は、公式晩餐会が催される部屋。
朝日の間は、国賓・公賓用のサロンで首脳会談などが行われる部屋。
羽衣の間は、雨天時の歓迎行事や、レセプションや会議場として使われる部屋。

花鳥の間の壁に貼られた七宝焼の花と鳥の画が東洋的でしたが、うまくお部屋に溶け込んでいたのが印象的でした。
羽衣の間の3つのシャンデリアは館内で最も大きくて、それは豪華なもの…お部屋によってすべて違うシャンデリアだそう。建設当初フランスから輸入したもので、重さ800キロだそうです。
中央階段の左右の大理石の欄干に黄金色の大燭台が8基
巨大なシャンデリア、見上げるような大鏡…金ぴかでどこも豪華絢爛 重厚さと気品も持ち合わせていました。
各部屋では、ボランティアの方の説明も聞けました。
これからは「あっ!見学したあのお部屋だ」なんてTVを見ることができるかもしれない…楽しみです

建物内の見学を終えて、迎賓館南側の庭園を散策します

P1100842r.jpg

まわりの高いビルが見えて、ちょっと興ざめですが

P1100857r.jpg

噴水を背景に眺める国宝の本館は、やはり素晴らしいです

P1100897r.jpg

フォード大統領(dog wood ハナミズキ)と、ゴルバチョフ書記長(small ieavedlinden フユボダイジュ)が植樹した木もありました。

P1100848r.jpg

西洋風のお庭なのに、よくみると松やさつきなど和風な木が使われているけど、おかしくない。

P1100850r.jpg

P1100866r.jpg

噴水池には4体の鷲の翼の上半身、ライオンの下半身をもつ伝説上の生物グリフォンがいます。

P1100880r.jpg

P1100921r.jpg

前庭に入ります

P1100923r.jpg

P1100961r.jpg

日本における唯一のネオ・バロック様式の洋風建築…全長116mメートル 正面全体を写せないほど大きいです。

P1100929r.jpg

屋根の上の金色の星を散りばめた天球儀と霊鳥

P1100936r.jpg

青銅製の甲冑は屋根の左右に置かれています。

P1100937r.jpg

正面入り口の3つある扉のうち、真ん中の扉には上部には菊の御紋、左右に桐の家紋があしらわれていました…迎賓館の紋章”五七の桐”

P1100944r.jpg

郵便局の臨時出張所もあって、その日の日付の”風景印”を押してくれるそうです。

P1100939r.jpg

現在の技術、規模、お金など、二度と作り上げる事は出来ない明治文化を象徴する建物ですよね~見ることができて、本当によかったです。

P1100962r.jpg

いつもは正門からしか眺めることができないけれど、中から正門を見ると…

P1100964r.jpg

門の外から

P1100974r.jpg

P1100976r.jpg

P1100978r.jpg

P1100980r.jpg

不思議な時間を迎賓館で過ごした後は、ちょっと休憩…なかなか四ツ谷まで来ないので、この機会にずっと行ってみたいと思っていた『フルーツパーラー フクナガ』に行きました
果物屋さんの2Fのフルーツパーラー…昭和の香りがするお店です。

P1100986.jpg

パフェはそんなに大きくないけれど…5、6コのアメリカンチェリーの下は生クリーム、キレイな色のジェラート、またチェリー、そしてバニラアイス。ジェラードがおいしくて、甘ったるくないパフェは今日みたいに歩き回った後に最高です
他のも食べてみたいっ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

通年公開が決まった時テレビで見たけど、本当に素敵な所だね。
建物やお庭が青空に映えて綺麗だね。
いつか行ってみなきゃ!

Re: No title

うん…ステキなところでした(*^_^*)
でもやっぱり東京!高い建物が見えてしまうのが残念でしたっ(>_<)
行くなら青空の日がいいですね~よりステキに見えます(^_-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。